【“35”シリーズとは?】
デダ エレメンティのハンドルバー“M35 RHM”とステム“トレンタチンクエ(「35」のイタリア語発音)”はハイアマチュア、プロフェッショナル用コンポーネントとレーシングバイクの分野に とって革新的な発明といえます。35mmの直径を持つハンドルバーはこの世には他に存在しません。
ハンドルバーの直径の大きさは、ハンドルバーセクションの慣性モーメントの大きさ(ねじれにくさ)に直結します。慣性 モーメ ントの大きさ、すなわちねじれ剛性の高さがハンドルバーセクション全体の剛性を司るのです。
ハイアマチュア、プロフェッショナルがハンドルバーセクションに求めるものーそれは彼らの貴重なパワーを余すことなく推 進力 に変えることができる剛性です。31.7mmのハンドルバーと比較すると、35mmのハンドルバーは約50%剛性が向上します。ハンドルバーのドロップ 部の 両端に300Nの力をかけたと きの31.7mmのハンドルバーの最大のたわみ量が3.318mmなのに対し、35mmのハンドルバーのたわみ量は最大で1.609mmです。この1.709mmの違いは剛性にして51.5%の向上を意味します。


テーラーメイドゴルフ(TaylorMade Golf) グローレ F (GLOIRE F) ウィメンズ フェアウェイウッド / GL3000 W
また、Twitterやブログ内などで宣伝してくれると嬉しいです。
contact@owata-net.com
RSS
07/05